りんご 保存方法

食材長持ち!保存方法

りんごの保存方法・長持ちさせるには冷蔵庫でOK?カロリー栄養&大量消費レシピも

投稿日:

こんにちは!あおです。

秋から冬にかけて旬を迎えるりんご。この時期、段ボール一杯のりんごを頂いたりする方もいるのではないでしょうか。すぐには食べきれないときに、りんごの保存方法ってどうすれば長持ちする?冷蔵庫保存、それとも常温保存どっちが正解?と悩んでしまうときってありませんか?

今回は、りんごを長持ちさせる保存方法を3つご紹介します!又、りんごのカロリーや栄養りんごを大量消費出来る、簡単カップケーキレシピも合わせてご紹介しますね~。

 

 

 

りんごの保存方法・長持ちさせるには冷蔵庫?カロリー栄養&大量消費レシピご紹介します!

冬の時期よく見かける家庭の一コマ↓↓

りんご 保存方法

貰ったり買ったりした果物を山盛りかごに置いておく光景。

パティ
キッチンやこたつの上に置いてあったりするよね!

 

一見ほっこりするのですが、

″果物を長持ちさせたい”という観点においては

 

超NG

 

なんです!

 

パティ
えーーだめなの?シアワセな家庭の一コマが・・・・(涙)

品種によっては、正しい保管方法を実行すれば、4か月位長期保存出来るりんごもあるんですよ~。

パティ
スゴーイ!4か月位長持ちさせる事が出来るの?

シエール
その方法についてはこれから説明するよ!

 

 

 

 

りんごの保存方法①・冷蔵庫に入れる方法!

りんごにとって、長持ちさせるのにイチバン最適な保管環境は、

5℃位の低温・乾燥せず湿度がある程度保たれている環境

です!

 

りんごは常温保存も可能ですが、

 

りんご 保存方法

こんな感じで、冬場に暖房の効いた室内に置いておく事ありませんか?

それでは室温が高く、りんごの表面も乾燥してしまいがちになり、長持ちしません。

なので、一番おススメの方法は、

3~8℃位の温度が保たれている野菜室に入れる方法です!

 

ただし、そのまま野菜室に入れてしまうと、りんごが乾燥してしまうだけでなく、りんごがエチレンガスという成長ホルモンに似た物質を発生してしまうので、他の野菜や果物が傷みやすくなってしまいます。

パティ
じゃあどうすればいいの?

 

 

つまりはこんな感じ↓

りんご 保存方法

りんごの乾燥防止&エチレンガスを他の野菜などに触れさせないように、

保存袋などに入れて密閉し、野菜室に保管する方法

です!

 

りんご 保存方法

さらには、りんごを乾燥させないように新聞紙で包んでから保存袋に入れる方法がもっと良い方法ですね。

この方法であればかなりの長期保存が可能になります。ただし蜜入りのものはあまり日持ちしないそうなので、30日位に食べきるのがベストです。

パティ
なるほど~。でもエチレンガスって何?

 

りんごのエチレンガスとは?

りんごは呼吸するときに、大量のエチレンガスを放出します!これは自らを成熟させるために発しています。野菜や果物の成熟を早める効果があるので、りんごと一緒に保管してしまうと、他の野菜や果物が早く腐ってしまう可能性があるのです。

 

りんご 保存方法

なのでこの時期一緒に購入する機会の多い、みかんなどと一緒にかご盛りにして置いておくと、みかんが早く腐りやすくなってしまいます。他に、バナナや柿なども一緒に保管するのは注意が必要です!

りんご 保存方法

みかんやバナナはりんごのエチレンガスの影響を受けやすいので、離して保管させて下さいね。

 

ただし、りんごのエチレンガスをうまく活用する方法も。買ってきたキウイやアボカドが成熟していなくて固い、失敗した・・・!という時にビニール袋にりんごと一緒に入れて保管しておけば、3日位で熟れて美味しくなる効果も期待出来ます!

また、じゃがいもに対しては反対の効果が。りんごのエチレンガスがじゃがいもを休眠状態にし、芽が出るのを防いでくれる効果があるそうですよ~!

 

 

 

りんごの保存方法②・冷蔵庫に入らないときの方法!

この時期お歳暮として段ボール1箱でりんごを頂いた!という方もいるのではないでしょうか?あまり大量のりんごを冷蔵庫に保管するのも、場所を取ってしまいチョット難しいですよね・・・。

そんなときは、

暖房などの効いていない部屋で、新聞紙にくるみ常温で保管する方法

がおすすめ!

冬場の温度変化の差が少ない部屋で、乾燥防止の為、りんごを1つずつ新聞紙にくるみ、保管します。

りんご 保存方法

りんご 保存方法

こうする事で、エチレンガスを遮断&乾燥防止効果が期待できますよ。

さらに言えば、新聞紙で包んで乾燥を防いだ状態で、さらに1つずつ保存袋に入れて密閉する方法が、常温下でのりんごの長期保存にもっとも適した方法ですよ~。

 

りんごの保存方法③・冷凍保存しちゃう方法!

どちらにせよ、すぐにはりんごが食べきれない・・・という時は

りんごを冷凍保存しちゃう方法

もありますよ!

面倒なら、りんごを丸ごと冷凍する事も実は可能です。

 

りんご 保存方法

使いやすい方法なら、上記写真のようにりんごの芯を取り、6~8等分して保存袋にいれて冷凍保存する方法が、一番手っ取り早く簡単す。出来るだけ空気に触れないように密閉し、急速に冷凍するのがコツ。半解凍状態でそのままシャーベットのように食べたり、スムージーを作るときなどに他の野菜や果物などと一緒にミキサーにかけてドリンクとして飲む方法も楽しめます。

ただし、完全に解凍すると離水し、食感もべちゃっとなり色味も変色してしまうので、注意が必要です。

他に、りんごをすりおろしてレンチン加熱してから保存袋で冷凍すれば、カレーや離乳食作りにもおススメです。

 

 

りんごの栄養効能・1玉のカロリー&ダイエット効果ある?

りんごを食べれば医者いらずと言われていますが、調べてみるとりんご1玉に、栄養がタップリでスゴイんです!これを見れば、毎日の食事にりんごを取り入れたくなるかも?!

リンゴのカロリーと栄養成分!妊娠中向け?効果効能と冷凍保存方法も!

 

りんごの大量消費レシピ!

りんごが食べきれない・・・という時におすすめなのが、クランブルカップケーキのレシピです!ぐるぐる混ぜるだけで出来ちゃう生地に、たっぷりのりんごを加え、上にポロポロクランブル生地(そぼろ状クッキー生地)をかけた、甘酸っぱくてコクのある味わいのカップケーキレシピです!めちゃくちゃ簡単で美味しいので、是非作って見て下さい♡

りんごスイーツレシピ・簡単&大量消費!アップルクランブルケーキ

 

 

レンチンでジューシーな味わい♡りんごのコンポートも作れちゃいます!

コンポートとは?桃やリンゴで作るレシピ&英語の意味や日持ちも!

 

まとめ

りんごをより長く・美味しく食べたいなら、保管方法にも気をつける必要があります。一番ベストな方法は、冷蔵庫の野菜室で保存袋に入れて乾燥させないようにする方法です。品種によっては4か月以上長持ちさせることが可能ですよ!

冷蔵庫に入らない!という時は新聞紙にくるんで暖房が効いていない部屋で保管します。それ以外の方法であれば、冷凍する方法などの他にお菓子にして楽しむ方法も。

りんごはそのまま食べても美味しいですが、ジュワ~っ‼とジューシーな味わいが口いっぱいに広がるりんごのコンポートもおすすめ。レンジで簡単に作れちゃいますので良かったら作って見て下さいね~。

インスタグラムやってます♡良かったらフォローお願いします!

 

 

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村

 


パン・お菓子作りランキング

 

関連記事


  • この記事を書いた人

あお

趣味でお菓子作りをしている、2歳娘を持つ39歳ワーママです。100円ショップに売っている豊富な材料やグッズ。「でもコレどうやって使うの?どんな味なの?100均素材でちゃんと作れるの?」など私が気になる点を調べてブログに書いています!私と同じようにギモンに思った方に、少しでも参考になればウレシイです♪ 又、お菓子レシピは″誰でもわかりやすく・やたら詳しく!″をコンセプトに書いています(*´з`)その分やたら長いですがご勘弁下さいね☆

-食材長持ち!保存方法

Copyright© 100均×Sweetsレシピ‼ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.