生チョコクリーム作り方



スポンジ チョコレート チョコレートのお菓子 デコレーション素材

生チョコクリームの作り方・分離しない方法!デコレーションケーキレシピも

投稿日:

こんにちは!あおです。

今回は、生チョコクリームの作り方・分離しない方法をご紹介します!

生チョコクリーム作りは、通常の生クリームをホイップして作るよりも、実はチョットしたコツが必要。少しでも泡立てすぎてしまうと、分離してしまった!クリームがだれてしまった!なんて事も・・・。実は私も過去に3回失敗しました。

そんな経験から掴んだ、失敗なしで分離しない&だれにくい、濃厚な味わいの生チョコクリームの作り方のコツ・注意点を詳しくご紹介します。生チョコケーキのデコレーション用クリームにおすすめですよ~!

 

 

 

生チョコクリームの作り方・分離しない方法をご紹介します!

生チョコクリームの材料(15㎝ホールケーキデコレーション1台分)

  • 板チョコ(ブラック)70g
  • 動物性生クリーム1箱(200㏄)
  • 植物性生クリーム1/2箱(100㏄)
  • 砂糖9g(大さじ1)

 

パティ
え?なんで生クリーム2種類使うの?1種類じゃダメなの?
シエール
それはね、これから説明するよ!

 

今回のレシピのポイント!

生チョコクリーム 作り方

動物性生クリームのみにした方がもちろん美味しく作れます。ですが、動物性生クリームはちょっとでも泡立てすぎてしまうと、すぐに分離してしまうのです。特に今回のようにチョコレートをたっぷり加えると、もっと分離しやすくなってしまいます・・・。

なので、1/3量を植物性ホイップにすることで、安定感のある泡立ち&分離しにくい配合にしました!

なかなかこの配合は見たことがないので、もしかしたら邪道だと思われるかもしれません・・・。個人的な感想ですが、この配合にした方が私は作りやすいのです。

又、砂糖をクリームに加えるとよりしっかりとしたクリームに。室温によっても影響しやすい生チョコクリームがデコレーションの最中にだれてしまうのを防ぎます。

パティ
なるほどね~。混ぜて使うのがコツなのね!
シエール
かなり裏技レシピだけどね!

 

 

動物性生クリームと植物性ホイップの気になる違いはコチラ♡

動物性と植物性のクリームって何が違うの?節約お菓子を作るおススメ使用用途

 

生チョコクリームの作り方・分離しない方法!

チョコレートを溶かす

①板チョコ70gを適当に手で割り、茶碗等に入れます。

 

そこに、植物性ホイップ50㏄を加えます。

ラップ無しで600Wのレンジで40秒加熱します。

 

チョコレートが溶けてトロリとした状態になるまで、スプーンで良く混ぜます。

POINT

加熱時間は目安です。クリームの余熱でチョコが溶ける位に温めてくださいね。

使うチョコレートは、板チョコでも美味しく作れちゃいます。ブラックがおすすめ!

もちろん、製菓用チョコレートでもOK。もっと美味しく作れますよ!

 

 

生クリームを泡立てるときのコツ

②ボールに動物性生クリーム200㏄、残りの植物性ホイップ50㏄、砂糖9gを入れたら、氷水で冷やしながら泡立てます。

POINT

このとき、氷水の温度が伝わりやすい、ステンレスボールを必ず使ってくださいね!

本来生クリームの泡立てをする時は、氷水で冷やしながら泡立てないといけないのですが、普段私はやっていませんw

ですが、今回の生チョコクリーム作りにおいては分離しやすいので、氷水で冷やしながら泡立てるというのが失敗しないコツです。

 

シエール
おいおい、普段やってないのかよ・・・。

 

POINT

多少疲れますが、泡立てには、泡立て器を使ってください!

ハンドミキサーだと、泡立てムラになりやすく、分離しやすくなってしまいます。

パティ
使用する器具にも注意しなきゃなのね~。

 

使いやすいと大好評!人気の泡だて器はコレ♡

 

泡立ち具合のコツ!

③クリームがもったりとし、表面に軽くスジが付く位(7分たて)に泡立てます。

POINT

これ以上泡立てないようにしてくださいね。

滑らかなチョコクリーム作りにおいて、この生クリームの泡立ち加減の見極めは、とても大切です。

 

 

チョコと合わせるときのコツ

③クリームを泡立てている間に、軽く冷めた①を加えます。

 

すぐに攪拌し、さらに泡立てます。

POINT

チョコを加えたら、すぐに攪拌します。手早くやらないと、チョコが冷えて固まってチョコチップのようになってしまうので、注意してくださいね。

チョコを最初から泡立てていないクリームに加え、そこから泡立てるレシピも。ですがその方法だと、私は何度も失敗してしまいました(>_<)

個人的な経験上なのですが、クリームをある程度泡立ててから、チョコクリームを加えた方が分離しにくいと思います!

 

クリームの泡立ち具合の見極め!

④持ち上げると、やわらかいツノが立って、下に向く位の固さになる位に泡立てます。

少し泡立て足りないかな?と思う位でOKです。

POINT

ハンドミキサーより、泡立て器を使った方が、泡立ち具合の調整がしやすく、泡立てすぎ予防となり分離しにくくなります

これ以上泡立ててしまうと、しっかりとしたクリームになりますが、デコレーションの際にナッペ(塗り)作業しにくくなるので、泡立てすぎない様に、注意が必要です。

 

パティ
とろぉ~り、滑らかなチョコクリームが出来たわね!

 

 

デコレーションする時の注意点

⑤生チョコクリームは、チョコレートが入っている為、室温によって溶けやすくなったり、固まりやすくなってしまいます。

作ったらすぐにデコレーションを開始して、手早く終えるようにしてくださいね。

シエール
デコレーションケーキにする時は、ダンドリよく作業しないとなんだ。

 

生チョコクリーム作りで失敗&分離しないコツをおさらい!

シエール
生チョコクリーム作りのポイントを、以下にまとめてみたよ!
  • 動物性生クリームと植物性ホイップを使って、安定感のある泡立ちに!
  • ボールは熱が伝わりやすいステンレスボールを使う!
  • 氷水で冷やしながら泡立てる!
  • ハンドミキサーよりも。、調整しやすい泡だて器がおすすめ!
  • 砂糖を加えることで、しっかりとした泡立ちに!
  • 7分立ての状態でチョコを加えたら、一気に混ぜる!
  • ツノが下を向く位に緩めのクリームで、完成させる!それ以上泡立てない!
  • 作ったらすぐにデコレーションする!
パティ
生クリームを泡立てるときよりも、コツや注意点があるのね~。

 

 

生チョコクリーム 作り方

生チョコクリームのデコレーションケーキに!

甘さ控えめクリームが、あと引く美味しさです♡

 

生チョコクリームデコレーションケーキの作り方

生チョコデコレーションケーキレシピ・クリームの作り方&塗り方のコツも!

 

 

まとめ

生チョコクリーム作りには、通常のホイップを作るときより注意しなければならないポイントが、いくつかあります。そのひとつひとつをマスターすれば、失敗なしで滑らかな生チョコクリームが作れちゃいます!

良かったら、ぜひ作って見て下さいね~。

インスタグラムやってます♡フォローして下さると嬉しいです!

 

 

にほんブログ村 スイーツブログ 手作り創作お菓子(個人)へ
にほんブログ村

 


パン・お菓子作りランキング

関連記事


  • この記事を書いた人

あお

趣味でお菓子作りをしている、2歳娘を持つ39歳ワーママです。100円ショップに売っている豊富な材料やグッズ。「でもコレどうやって使うの?どんな味なの?100均素材でちゃんと作れるの?」など私が気になる点を調べてブログに書いています!私と同じようにギモンに思った方に、少しでも参考になればウレシイです♪ 又、お菓子レシピは″誰でもわかりやすく・やたら詳しく!″をコンセプトに書いています(*´з`)その分やたら長いですがご勘弁下さいね☆

-スポンジ, チョコレート, チョコレートのお菓子, デコレーション素材

Copyright© 100均×Sweetsレシピ‼ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.