コーティングチョコ 作り方




チョコレート デコレーション素材 バレンタインお菓子レシピ

テンパリング不要!【つやつや・パリパリ・しっとり】コーティングチョコの作り方

更新日:

こんにちは!あおです。

手作りトリュフやケーキにチョコレートでコーティングしたい!どこのサイトや本にもチョコレートを溶かしたらテンパリング(温度調整)するって書いてあるけど、テンパリングって難しそうだし、面倒!

今回はテンパリング不要で簡単に出来るコーティングチョコの作り方をご紹介します。用途や目的別に応じて、【つやつや・パリパリ・しっとり】3種のコーティングチョコのそれぞれの作り方や特性を理解して、オリジナルチョコ作りに磨きをかけちゃいましょう!

※2019・1・14にレシピ一部改訂しました。

 

つやつやコーティングチョコの作り方

 

 

テンパリング不要!用途別コーティングチョコの作り方

つやつやコーティングチョコの作り方

材料(約18㎝ケーキ型1台分)

  • ココア20g
  • 牛乳120cc
  • 砂糖70g
  • ゼラチン1/2P(2.5g)
  • 水大さじ2

①水大さじ2にゼラチン1/2Pをふり入れ、ふやかしておきます。

 

②小鍋等にココア20g、砂糖70g、牛乳120ccを加えて泡だて器でダマの無い様に混ぜ合わせます。

 

③中火にかけ、ゴムベラで混ぜながら焦げ付かない様に軽く煮詰めたら、火を止め①のゼラチンを加えて混ぜて完成!

POINT

放置すると膜が貼るので、使う時まで小さめのボール等に入れて、空気に触れない様に表面にぴっちりとラップを貼って下さいね。

 

 

特性

グラサージュ・ショコラという。別名ミロワール(鏡)ショコラ。つやつやのコーティングチョコで、鏡の様にうっとりするような光沢と輝きがあるのが特徴です。その特性から

フォトジェニックに仕上げるNO.1のコーティングチョコ

であると、個人的に思います!

固まると表面の被膜の下にネットリとした食感を持ち、ゼリー状の形態となります。

ココアをメインで使用しているので、苦みを感じつつもあっさりとした味わいです。

 

パティ
これが一番お店っぽくなるよね♡
シエール
意外!チョコじゃなくてココアを使うんだね~。

 

市販品のツヤツヤチョココーティングはコレ!

 

おススメ用途

柔らかいテクスチャーなので、冷たいムース状のケーキなどの上がけに最適。

バナナなどのフルーツ等のコーティングでは、液をはじいてしまう可能性もある為不向きです。

メモ

参考使用例:チョコレートムース

 

 

しっとりコーティングチョコの作り方

材料(トリュフ約15個分)

  • チョコレート50g
  • 生クリーム15cc
  • サラダ油小さじ2

※2019・1・14にレシピ一部改訂しました。

 

コーティングチョコ しっとり

①チョコレート50gを粗めで良いので刻んでおきます。

茶碗等にチョコレート、生クリーム15ccを入れて、ラップ無しで600Wのレンジで約30秒加熱します。

POINT
生クリームではなく、安価な植物性ホイップでも代用可能ですよ!

ホイップ・生クリームの違い!動物性と植物性とは?お菓子作りのおススメ使い分け法

 

60秒放置して余熱でなじませます。

 

③茶碗の淵から中へ、底から上へとスプーン等で気泡が入らない様に静かに混ぜ合わせて、

 

サラダ油小さじ2を加えたら完成です!

POINT

加熱秒数は目安です。完全にレンジでチョコを溶かさず、余熱で溶ける程度に加熱して下さい。

 

 

特性

 

コーティングチョコ 作り方

洋生チョコレートであり、パリッと固まらない半生タイプのコーティングチョコ。コーティングしたてはつやつやだが、冷えて固まるとうっすらと白曇り、マットな見た目になります。

口どけが良く滑らかな食感。生クリームを加えてあるのでコクのある味わいを持ちます。

ホワイトチョコやストロベリーチョコなどカカオバター分の多いチョコレートで作る場合は、かなり柔らかいコーティングチョコになるので生クリームの量を減らして固さの調整が必要。(その場合、板チョコだとバター成分が多いので、分離する可能性がありますので、製菓用チョコレートを使ってください。)

 

 

おススメ用途

トリュフ チョコ レシピ

トリュフなどのガナッシュ(中身)や、

コーティングチョコ しっとり 作り方

シュークリームやドーナツ・ケーキなどの生地のコーティングに使用すると、口どけも良く、生地と良く馴染むのでオススメ。

型抜きチョコレートなどに使用する際は、もろくなってしまい、ひび割れる恐れあり。

メモ

参考使用例:ガナッシュチョコ・シュークリーム・チョコケーキ

 

しっとりコーティングチョコの使用レシピはコチラ♡

ハート型の濃厚チョコレートケーキレシピ・セリアミックス粉で簡単!バレンタインにも

トリュフチョコのレシピ・バレンタイン本命手作りに!100均ラッピング例も

 

 

パリパリコーティングチョコの作り方

材料(約バナナ1本コーティング分)

  • チョコレート50g
  • サラダ油小さじ1

①茶碗等に刻んだチョコレート50gにサラダ油小さじ1を加え、ラップ無しで500Wのレンジで約50秒加熱します。

湯せんして溶かしてもOKです。

 

パリパリコーティングチョコ

②ダマの無い様に良く混ぜて完成です!

POINT

加熱秒数は目安です。

やりすぎると焦げ付いたりしてしまうので、余熱で溶ける状態をみて、秒数を調整して下さい。

 

 

特性

コーティングチョコ 作り方

お手軽&作りやすさNO.1!冷えるとパリッと固まり、ある程度の強度を持ちます。コーティングしたてはつやつやですが、冷えて固まるとうっすらと白曇り、マットな見た目になります。

パリッとした食感で、そのもの自体の存在感を示す味わいです。

シエール
いちばんコーティングしやすいのはコレだよ!

 

 

おススメ用途

バレンタイン レシピ かわいい

 

持ち運び時間が長い場合には一番溶けにくいので、学校や職場で配る用のチョコのコーティングにはこちらがおススメ。

ホワイトチョコやストロベリーチョコはスイートチョコと比較し柔らかいので、ガナッシュ(トリュフの中身)をホワイトチョコやストロベリーチョコでコーティングしたい時はこちらのレシピがおススメ。ハート型などしっかり形を出したい型抜きチョコレートにも◎

バナナやイチゴなどのフルーツや、アイスにかければパリパリの食感を楽しめます。

ケーキのコーティングに使用すると、フォークが刺さらない恐れあり。(経験済み)

 

メモ

参考使用例:チョコバナナ・型抜きチョコレート・ドーナツコーティング

 

 

パリパリコーティングチョコ使用レシピはコチラ♡

バレンタインレシピ・100均転写チョコ型でかわいいイチゴガナッシュ入りチョコ

バレンタインの手作りおしゃれな生チョコレシピ・コーヒー味!100均素材で作る方法

ドーナツレシピ・ホットケーキミックスで揚げない&レンジで簡単に作る方法!

生チョコイチゴ味のレシピ・100均素材で簡単おしゃれな手作りバレンタイン!

 

 

板チョコで代用出来るの?

しっとりチョコ・パリパリチョコを作る際のチョコは、製菓用チョコレートの代わりに板チョコでもOKです。

溶けやすくする為刻んで使用してくださいね。

パティ
板チョコは手軽&安価で使いやすいよね!

ただし、市販の板チョコは口どけをよくする為バター分が多く配合されています。

そのため、しっとりチョココーティングをホワイト・ストロベリーチョコで作る場合は板チョコ使用だと分離する恐れがあります。その点、バター分の少ない製菓用チョコレートを使用した方がコーティング作業がとてもしやすく、チョコの強度も増します。ホワイト・ストロベリーチョココーティングする際は、製菓用チョコレートをおすすめします。

好みや予算に合わせて使い分けて下さいね。

製菓用チョコレート&クーベルチョコレートとは・板チョコで代用できる?

 

 

コチラの製菓用チョコレートは、市販板チョコとほぼ同価でとっても激安!タブレットタイプで使いやすいです♡

 

 

ピンクのイチゴコーティングチョコはコチラ♡

 

こちらもコスパ◎の高品質製菓用チョコレートです♡

 

 

合わせて使いたい、おススメアイテム

金箔スプレーをコーティングチョコと合わせて使うと、フォトジェニックに美しく仕上げる事が出来るのでおススメです。ケーキが輝きを増して、ゴージャスな雰囲気を演出してくれます。

金箔スプレー つやつやコーティングチョコ

購入価格は少しお高めですが、スプレータイプだと一度にあまり使わなくて済むので、かなり長く使えるます。

私は1本使い切るのに、2年位かかりました。

 

ケーキ デコレーション
使えばフォトジェニックなケーキに!おススメのデコレーションアイテムまとめ

インスタ映えという言葉が流行っている近年。お菓子作りも、今まで以上に味もさることながら見た目も大事!な時代へ突入。 今回は、仕上げに使えば自作ケーキをフォトジェニックにしてくれる、デコレーションのお助 ...

続きを見る

 

 

コーティングに使用する時の注意点は?

3種類とも共通して言える事ですが、作りたては温度が高くトロトロとし、冷めるとネットリと濃度が増すので、コーティング液の温度と濃度を調整する必要があります。

コーティング液が熱いと素材によってはうまく乗らず、流れ落ちてしまう場合も。

又ガナッシュなどや、ゼラチンで固めたムースなどの柔らかく溶けやすい素材をコーティングする場合は、コーティング液が熱いと溶けてしまう事も。

逆にコーティング液が冷めすぎると、液の伸びが悪くなりキレイにコーティング出来なくなってしまいます。

使う時にはコーティング液の温度や濃度を意識して使用しましょう。温度が高いかなと思ったら冷水にあてて冷まし、冷めすぎてしまったら湯せんをして調整すれば大丈夫ですよ。

POINT
表面をキレイに仕上げるコツはなるべく手早く一気に。多めにコーティング液をかけて表面をならし、余分なコーティング液をトントンと下に落とすようにすると美しい仕上がりになります。

コーティングチョコ つや

 

注:前述しましたが、製菓用チョコレート使用のコーティング液の濃度より、板チョコ使用のコーティング液のほうが濃度が濃いので、若干作業しにくいです。

より美しく仕上げたいのなら、製菓用チョコレートを使って下さいね。

 

シエール
配合次第でさまざまなコーティング液が作れたね!

 

 

まとめ

3種のコーティングチョコそれぞれに特性があり、それを理解すれば、自分の作りたいお菓子に合わせて様々な表現をすることが出来るように。

パリパリ、しっとり、つやつや・・・持ち運び用のチョコ、お家でケーキ食べる時、写真映えを意識してみんなを驚かせたい!など使いたいシーンに合わせて自分オリジナルのチョコスイーツを作っちゃいましょう♡

 


パン・お菓子作りランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事


-チョコレート, デコレーション素材, バレンタインお菓子レシピ

Copyright© 100均×Sweetsレシピ‼ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.